尿路結石予防のフード

キャットフードの中には、尿路結石の予防が期待できるものもあります。尿路結石は、最悪死に至ることもありますので、決して軽視することができません。また、年齢に関係なく発症するので、日ごろから注意しておくことも必要です。クランベリーを使ったキャットフードもあるのですが、こちらも尿路結石予防にオススメです。おしっこのPH値がアルカリ性の場合、尿路結石になりやすいと言われていますが、クランベリーに含まれる「キナ酸」と呼ばれる成分が、酸性の状態に導いてくれます。

また、マグネシウムの摂取量にも注意が必要です。マグネシウムは、猫に必要な成分ではあるのですが、必要以上に摂りすぎてしまうと、これもまた尿路結石のリスクが上がってしまいます。キャットフードを購入する時は、マグネシウムについてもチェックすることをオススメします。

猫にとって気になる病気はいろいろありますが、尿路結石は再発しやすいといった特徴もあります。毎日食べるキャットフードは、安心安全のものを選んでください。そして、水分が不足しないようにたくさん水を与えるようにしてください。また、太りすぎが気になる場合は、早めにカロリーコントロールをするなどして標準体重を目指しましょう。

尿路結石を予防する

猫は、年齢にかかわらず尿路結石を発症する可能性があります。原因はいろいろ考えられるのですが、水分の摂取量が少ないこともあります。ですから、日ごろから不足しないように水を用意してあげることは必要。食事の時は、どんなタイプのキャットフードであっても、一緒にたっぷりと水を出してあげてください。ただし、人間が飲むミネラルウォーターは避けるようにしてください。また、運動不足が原因になることもあります。一緒に遊ぶ時間を増やすなどして、たくさん運動させるようにすることをオススメします。同じように、太りすぎが原因になることも少なくありません。やはり肥満は避けるべき。こういったことを避けるためにも、運動をたくさんさせることは大切です。ただし、既に体重が多い猫に突然運動を強くのは危険ですから、食事と合わせて無理なく続けていくようにしましょう。

太らないようにするためには、運動ももちろん大事なのですが、カロリーオーバーにならないように、猫に合った量のキャットフードを与えることも必要。与えるときは、きちんと計量してから与えるようにしましょう。

また、避妊・去勢している猫は、そうではない猫と比べて消費エネルギーが少なめです。キャットフードは、その分注意して与えるようにしてください。

猫の食事について

キャットフードを与えるときは、必要量をきちんと計量して与えることが必要です。これの積み重ねが肥満を予防し、しいては猫の健康を守ることにつながります。また食事の際は、お水をたくさん与えるようにしてください。なぜなら、水分摂取量が少なすぎると、それが尿路結石をを引き起こす原因になる場合もあるからです。ただし、人間用のミネラルウォーターは不向きですので注意が必要です。

また、猫は味というよりも香りで美味しいかそうでないかを判断します。この香りの中には、素材の香りだけなく新鮮かどうかということも含まれますし、食事内容だけでなく猫の食器のにおいも含まれます。食欲がないようなときは、美味しそうな香りをつけてみるのも良いでしょう。また、食器を清潔に保つことも食欲維持につながると言えます。

猫におやつを与えたい場合は、与えすぎないように気を付けることも必要です。目安としては、一日の食事量の2割を超えないようにすること。もちろん、材料や添加物などについてしっかりとチェックして、安心できるものを選ぶようにしてください。たとえ与える量が少量であっても、吟味して選ぶことは必要です。もちろん、必ずおやつを与える必要はありません。

キャットフードについて

大切な健康を守る為、できることがたくさんあります。日々口にするものに対して安全性を確かめて選ぶことも大切なこと。特に、動物たちは言葉にして何かを伝えることができませんから、飼い主さんが代わりに安全安心なフードを選んであげることが大切になってきます。猫を飼っている方も多いかと思いますが、ご存知のようにキャットフードはたくさんの種類があります。どれも同じということではもちろんなくて、それぞれにこだわりや特徴がありますので、内容を確認んして良いと思うものを購入することが必要です。

また、キャットフードには病気の治療を考えて作られているようなものもあります。「療法食」と呼ばれるこういったフードも多数あります。例えば、腎臓病や尿結石の猫のためのキャットフードや、ダイエットを目的としたもの、糖尿病の猫の為のフードなど様々あります。手作りのキャットフードでは、なかなかこういったものを作るのは簡単ではないもの。必要に応じて利用してみるのも良いでしょう。ただし、猫の体調や様子に気になることがある場合は、まずは一度医療機関に連れていき、医師の診察を受けさせることが必要です。

ペットにできるだけ長く健康でいてほしいなら、価格だけでキャットフードを選んだりせずに、内容をチェックして選ぶこと。そして、必要量をきちんと計量して与えることが大切。また、保存方法についても注意が必要です。当サイトでは、キャットフードについて紹介します。